トップに戻る

MOCKY / OVERTONES FOR THE OMNIVERSE

  • 新品
MOCKY / OVERTONES FOR THE OMNIVERSEのアナログレコードジャケット

MOCKY、LAの最初のロックダウン直前に録音された最新作!今まで以上に豊潤なストリングスを取り入れた温かみ溢れる1枚です。

商品情報

カテゴリー SOUL
原産国
商品形状 LP
カタログNo HS011
レーベル HEAVY SHEET

メーカー・インフォメーション


2020年3月6日、7日、アメリカ、ロサンゼルス。
最初のロックダウンが始まる僅か数日前に16人のミュージシャンが一同に会した二日間の記録。場所はハリウッドにあるベアフット・スタジオ。
1967年に設立されたこのスタジオ(当時の名称はCrystal Industries Recording Studio) は主に70年代から80年代かけ、アメリカのヒットチャートを彩った数々の名作が生まれたスタジオとして知られています。
モッキーが敬愛する、スティーヴィー・ワンダーの「ミュージック・オブ・マイ・マインド」、「トーキング・ブック」、「ソングス・イン・ザ・キー・オブ・ライフ」、「ホッター・ザン・ジュライ」、シリータのデビュー・アルバムもここで録音されています。
アルバム「SASKAMODIE」以降の作品ではストリングスを活かした楽曲が多数披露されてますがこれほどアルバム全体に全面に出た作品は初めてのことです。
オーケストラル・アルバムということばから喚起するものともまた異なる、普段、弦楽に親しんでいない方にも開かれた、皆で倍音を出す、この空気感。
教会音楽を奏でているわけではないのにとてもSOOTHING。
ありきたりな癒しだとか、クワイエットでもない、こころを鎮めてくれる温かみのある音楽。
単純化された音楽タームにはおさまりません。
日本製の最初のアナログシンセといわれる、Roland Sh-1000 の音色を忍び込ませるのもMOCKY印の妙味。
ここにスティーヴィーを感じる方も多いかもしれません。
モーゼス・サムニー、ニア・アンドリューズ、ファイスト、エディ・チャコンといった歌い手たちが1曲1曲代わる代わるリード・ヴォーカルをとるかたちではなく、合唱隊の一員として連なるレコーディング現場というのもそうないでしょう。
ジョーイ・ドーシックがオルガン、グロッケンシュピール、2019年の日本ツアーにも同行した、ヴィッキー・フェアウェルがピアノ、ミシェル・ンデゲオチェロ、ヴェティヴァー、サム・ゲンデル、カマシ・ワシントンなど実に幅広い活躍で知られるゲイブ・ノエルがチェロ、コントラバス、ロビン・ハンニバルとのクァドロン、ヴルフペックとの共演などでもおなじみ、
ココ・Oなど参加ミュージシャン個々の活動を辿れば、特定のジャンルでもコミュニティでもない、ほかにはそうない独自の編成であることがわかるでしょう。
先人テオ・マセロに学んだ、エディットはモッキー自身が、きめ細やかに仕上げられたミックスは盟友、ルノー・レタンが手がけています。



試聴 / 収録曲目

  • ¥3,390  
  • 全国一律 690円

    12,000円以上のご購入で全国送料無料!!

    電話注文

    Tel.082-246-7983

    *ご予約はカートからのみ。

    11~21時受付。下記、商品番号をお伝え下さい。

    商品番号 : 45404